FC2ブログ

RSS|archives|admin

2014.07.02 Wed


駅好きのワタクシです。

今回は採用・求人に関する勉強会に参加した様子をご報告致します。

月に1~2回のペースでこの勉強会に参加させて頂いています。
目的は「採用の選考基準を知り、教育に活かす」ためです。

それを知ることで学生に何を伝えて(身につけて)行かないとダメなのかが
分かるからです。

選考基準は業界・企業によって異なります。例えば・・・。

DSC03313_convert_20140623084834.jpg

これは、前回ご報告したゲーム会社の選考の様子です。
この業界の場合でしたら、「どんな表現が出来るか」が基準になります。

画像手前の左側の方が企業の方ですが、手に取って見ているものが
「学生が授業等で作成した作品集」です。これを見ることで表現力が
分かるんですね。つまり、「資格・検定」を見ていることと同じ意味合いです。

デザイン関連の企業は、この点に基準を置いている場合が多いのが
特徴です。かといって「表現が上手い」だけでは企業から声を掛けて
頂ける(採用内定がもらえる)訳ではないのです。

勉強会の様子に戻りますが・・・。

DSC03306_convert_20140623084025.jpg

この勉強会には様々な業界の社長様が参加されます。画像に写っている方は
全て「社長さん」ばかりです。約3時間の勉強会でしたが、共通した意見として・・・。

「この仕事をやりたいという本気度が高く、覚悟が出来ていること。」
「働くことに対する責任感があること。逃げずに先ずはやってみる人が良い。」
「職場になじもうと努力する人。特別扱いをして欲しい人はいらない。」
「入社後の社内教育を素直に受け入れて実行する人が欲しい。」

という4点が挙げられました。

今年の企業は「素直さ」を重視する傾向が見られますが、出た意見を
見てみると理由がはっきりと分かります。

要は・・・、

「仕事を覚えて欲しい」
「だから長く勤務して欲しい」
「そうなるために素直になって欲しい」
「それを面接で知りたい」

ということなんですね。

学生が「身につける」ことが出来るように、今回の勉強会で
得た情報を就職関連の授業でしっかり伝えて参ります。
スポンサーサイト


Category:日々是 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |