FC2ブログ

RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

面接指導で思うこと

2018.10.10 Wed
就職CC種田です。

今回は面接指導についてご報告致します。

面接指導は学生の個性と性格、受験する企業によって内容が変わらないと
いけないのですが画一的な指導が行われているように感じます。

就職指導の勉強会に毎年参加しているのですが、いつもその思いを持つことに
なります。もちろん、画一的な指導を否定する訳ではありません。

「面接で大切な共通項目はこれです!」という意味で、画一的な指導が必要になる
場合もありますから。挨拶指導などが当てはまりますね。

個人的な意見ですが、「基本的なところ」と「業界・職種に応じた大事なところ」の2点を
受験する企業に応じて指導することが効果的だと思います。

他にも、内定を獲得することだけを目的とした面接指導は、長い目で見れば
学生・企業・学校にとって良くない結果になるとも考えるようになりました。

このように考えるようになったのは、企業様からお聞きしたご意見によるものです。

(次回に続きます)




スポンサーサイト
Category:日々是 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

間が空きまして申し訳ございません

2018.09.28 Fri
就職CC種田です。更新に間が空きまして申し訳ございませんでした。

「コミニケーション能力」についての続きです。

前回は、業界によって求めるコミニケーション能力に違いがあるとご報告致しました。
学生に求める能力に違いが出て来る理由は、仕事内容が違うと求める能力も違う
ということかも知れないですね。

採用して頂いた企業様から、こんなことを言われたことがあります。

「大人しい、無口な人を採用したいんです。」

言われた時は耳を疑いました。「元気で明るく」が面接の基本と思っていたからです。
どうしてですかと理由をお尋ねすると・・・。

「パソコンを使ってデザインをしますから、集中して作業しないとダメなんですよ。」
「元気な人はよくしゃべります。それがミスにつながるんですね。」
「だから無口な人がいい。とにかくしゃべらない人がいい。」
「集中して作業が出来ることがウチの求める能力ですね。」

そう言われて納得しました。もちろん、全てのデザインに関する企業に当てはまる
訳ではありません。ただ、企業によって求める能力が違うということは明確です。

本校では画一的な面接指導は行わないようにしています。学生の個性に応じた指導、
応募する企業に応じた指導を心掛けています。

次回は、今年の面接指導の一例をご紹介致します。

Category:日々是 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

保護者会総会にご参加頂きましてありがとうございます

2018.06.25 Mon
就職CC種田です。

6/23(土)に平成30年度の保護者会を開催させて頂きました。
ご多忙の中、ご出席頂きました保護者の皆様、ありがとうございました。

就職の取り組みをご報告させて頂きましたが、時間の関係がありましたので
十分な説明でなかったと思います。申し訳ございませんでした。

報告の際に、「企業が求める人材」について取り上げましたが、今回は
もう少し詳しく取り上げます。「コミニケーション能力」についてです。

インターネットを検索すると、学生に求めるが能力の第一位に挙げられるのが
「コミニケーション能力」です。この能力とは何なのかを企業の採用担当の方が
集まった勉強会でお聞きしてみました。

Q:採用するうえで重視するコミニケーション能力とは何ですか?

企業A様(建築の給排水設備関連)
 仕事を進めるうえで意思疎通が出来ることです。意思疎通が出来て仕事が
 正確に、間違いなく完了出来れば良い訳ですから。無愛想は困りますが、
 返事が出来て、言われたことをやってくれることがコミニケーション能力だと
 思います。

企業B様(食品小売)
 相手を不愉快にさせない態度・言葉の使い分けが出来ることです。
 お客様と対面することが仕事ですから、人懐っこい・愛嬌がある人が良い
 ですね。お客様の前で笑顔でいられることがコミニケーション能力でしょうか。

コミニケーション能力とは「言われたことをやってくれること」「笑顔でいられること」と
全く違う答えが返って来ました。

仕事内容によって求めるコミニケーシヨン能力に違いが出るんですね。

次回に続きます。



Category:日々是 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

書類選考に立ち会って感じました

2018.06.22 Fri
就職CC種田です。

これまで、応募する書類の注意点や企業がチェックするポイントについて
報告致しました。

今回は書類選考に立ち会って感じたことをお伝え致します。

企業が指定した書類を揃えて提出し、評価を受けることが書類選考です。
学校が用意する書類だけの場合もありますが、人気企業になると会社が
指定した書類・課題を別に作成して提出する場合もあります。

お聞きになられたことがあるかも知れませんが「エントリーシート」がこれに
あたります。他には、「自主課題」「自主制作物」「自己PR」などを提出する
ように指定されることもあります。

先日、ある企業様から「自己PRを提出して下さい」という指定を頂きまして、
数名の学生が応募したので企業様に提出に行きました。提出したものを
見るなり、企業の方がニヤっとされました。続いてこう言われたのです。

「自己PRですから、どんなものを提出してもらっても良いのですが・・・。」
「私どもは採用職種への適応力を知りたいので、そこを考えて作成したかを
 見ます。これはどこの企業でも同じですよね。」
「今回はデザイナーを採用します。入社後はデザインをしてもらいたいのです。」
「そうなるとデザインが出来そうかを伝えて頂きたいので、制作した物が
 デザインに関連があるものを見たかったんですけどね・・・。」

つまり、自己PRとは何なのかを考えて、工夫出来るかを見る訳です。
デザインの仕事の基本は「考えること」ですから、課題の意味を考えて
工夫が出来ないとよろしくない、ということですね。

その場では結果を言われませんでしたが、「この学生は選ばれたな」と感じました。
就職試験では日頃からの訓練の成果が表れますね。再認識しました。



Category:日々是 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

制作物で見えることをお聞きすると・・・

2018.06.17 Sun
就職CC種田です。

前回は「制作物で人柄がわかる」という報告を致しました。

今回は、企業様に作品を見ている様子をご報告致します。
見ているポイントは「几帳面さ」「考え方」「性格」の3点です。

最初は作品をパラパラッとご覧になります。1枚の作品を見る時間は
10秒程度の短い時間です。こんな短い時間で何がわかるのか?と
疑問に感じて質問すると、

「作品の四隅が折れてないか、同じ大きさに揃っているかを見てます。」
「用紙が平行・直角になっているかを見たら、几帳面なのかわかりますよ。」

・・・との返事が返って来ました。

細かい所ですが、そこを丁寧に作業するかに几帳面さが表れるんですね。
次は1つの作品をじっくり見て行きます。作品のどこを見るのかをお聞きすると

「考えて制作したかです。なぜこのデザインにしたか、ということですね。」
「この位置に文字・画像を置いた意味が知りたいんです。」
「ですので、考えがまとまった課程(デザイン案)があると良いですね。」

制作物の上手・下手ではなく、その人の考え方を見て「職場との相性」を
判断するそうです。パッと見て判断すること、じっくり見て判断することを
合わせて、制作物に表れた「人柄」を見て行く訳ですね。

「プロは見る目が違う」と言われますが、チェックする基準がしっかりしていて
それを外さずに判断している訳です。

他にも色の使い方・創ったものの数・傾向によっても「ある程度」の性格が
わかるそうです。

「学生ですから可能性があるかをみます。要は成長出来そうかが大事ですから。」
とのことでした。「考えて創る → 見直す → 創り直す」を繰り返すことが大事
なので、学生の時に習慣にしてもらいたいとのことでした。



Category:日々是 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。